当法律事務所のコンセプト

予防法務をメインとしている事務所

裁判で戦うだけが弁護士ではありません。
トラブル回避に有効な予防法務をご提供します。

予防法務をメインとしている事務所医療分野における法的トラブルというと、医療ミスによる訴訟のイメージが強いせいか、多くの医療機関が、「まさか、うちが訴えられることはないだろう」と何も対策を行なっていないのが現状です。

しかし実際には、医療関係のトラブルとは、医療過誤よりも、対患者や対従業員といった人間関係によって起こることが圧倒的に多いのです。例えば、病院スタッフの患者への何気ないひと言が大きなクレームに発展したり、元従業員から多額な残業代を後に請求されたりといったケースが代表的なものです。

予防法務をメインとしている事務所医療機関経営には、じつは運営側が把握していないリスクが数多くあります。

しかし、医療機関にとって大きな損失をもたらすこれらの様々なリスクは、適切な対処方法を知ることや労務関係の書類を整備するなど、弁護士のアドバイスをもとに事前に予防策をとっていれば防げる可能性が高いものがほとんどです。

まず、医療機関経営にはどのようなリスクがあるかを知り、そのリスクを予防するための策を一日も早く実行することがリスク回避のためには大変重要です。万が一、訴訟となり、院長や経営スタッフがその対応に追われることになれば、病院の運営にも支障が出て、莫大な損失をもたらしかねません。

人の健康を守るために予防接種が必要なように、法の専門家による的確な予防法務を実行しておくことが、医療機関の利益を守ることに直結するのです。

予防法務をメインとしている事務所当事務所は、リーガル面を安心してお任せいただける弁護士集団であることに加え、代表は社会保険労務士の有資格者でもあり、社労士事務所を経営しながら、上場企業の労務コンサルを多数手掛けております。また、社労士事務所として、社会保険手続や給与計算等のアウトソーシングも受け付けておりますので、従業員の労務管理から訴訟対策まで、リスク回避のためのすべてのご依頼を一本化して承ることが可能です。

訴訟になってから裁判を戦う弁護士としてだけでなく、想定外の事態を発生させないために有効な策を立てる参謀として、また本来の医療提供に専念できる環境づくりをサポートするコンサルティングとして、菰田総合法律事務所をお選びいただければと思います。当事務所は、弁護士はサービス業だと考えております。依頼してよかったと思っていただけるサービスを必ずやご提供することをお約束いたします。

WEB予約弁護士法人菰田総合法律事務所アプリ
  • オフィシャルサイト
  • お問い合わせ
  • WEB予約はこちら
  • iPhoneの方はこちら
  • Andoroidの方はこちら
  • オフィシャルサイト
  • お問い合わせ
  • WEB予約はこちら
0120-75-5687